誰でも発症する可能性があるうつ病|治療をはじめるきっかけとは

ナース

メンタルヘルス不調

カウンセリング

メンタル不調の症状

バブル経済の崩壊、リーマンショックなどによる日本経済の低迷により、会社も人件費の削減に取り組んでいます。この影響で、個々の労働者に対する負担が増加し、メンタルヘルスに不調を来す労働者が増加しています。特に、うつ病を発症する人が年々増加し、深刻な社会問題となっています。うつ病の症状は、精神面と身体面に現れます。精神面に関しては、その変化に気づきにくいという特徴があります。例えば仕事でミスをして落ち込んだり、あるいは近しい人を亡くして気分が沈んでしまうということは、誰にでも起こりえることです。通常であれば、時間の経過や問題の解決により立ち直ることができますが、この気分、いわゆる抑うつ気分が長期的に続くとうつ病の発症につながります。誰にでも起こりえる気持ちの変化であるために、自分では気づきにくいという面があります。うつ病に関しては、従前心が弱い人がなるといった偏見がありましたので、自分でも認めたくないという気持ちが働き、専門医の受診に踏み切りにくい面があります。しかし、うつ病は、セロトニンという脳内物質の減少によって引き起こされる脳の病気であって、心の病気ではありません。昨今は、メンタルヘルス不調に対する社会の認識や理解も進んでいますので、周囲の人間にも知識があります。本人が気づきにくくても、周囲の人間であれば客観的に見ることができますので、専門医の受診をアドバイスするなどによって、早期発見、早期治療に当たることができます。身体面では、睡眠障害や肩こり、首痛、腰痛などの症状が現れます。これらの症状も、誰にでも起こりえる症状です。このため、これらをうつ病に結びつけることはなかなか難しく、整形外科などにかかって何も異常がないと診断され、本質的な治療が遅れることになってしまいます。脳の病気であるため、他の病気のように検査をして、数値を見て診断することができません。症状を見て診断することになりますので、これまでとの変化に気をつける必要があります。仕事においては、急にミスが増えたり、遅刻が増えるなど、これまでとは異なる状況が見られます。その変化を放置せずに、病気のサインであることを考える必要があります。病気の回復にあたっては、投薬や認知行動療法などがありますが、何よりも休養が大事です。社会の認識は進んでいて、会社においても休職制度や復帰制度を整備してくれているところもありますが、十分とは言えない状況です。自分で予防していくことが重要です。