誰でも発症する可能性があるうつ病|治療をはじめるきっかけとは

現代人に多い うつ病
男の人

治癒に向かう過程

うつ病の場合、回復までに一進一退を繰り返すため、不安や焦りを招くことはよくあることです。エネルギーが回復し、本来のやる気が戻るまでにはそれなりの時間がかかることを本人、周囲の人が詳細に理解しておくことが大事です。

カウンセリング

メンタルヘルス不調

うつ病を発症する人が年々増加していて、深刻な社会問題となっています。セロトニン減少という脳の病気ですので、早期発見が難しい病気です。心身両面で症状が現れますので、その変化を見逃さずに、専門医を受診することが重要です。

聴診器

もしも異変を感じたら

うつ病は自分では判断しにくい病気だったりするので、周りの人が声をかけて心療内科を勧めるなど、手を差し伸べる必要があります。また、直ぐに病名が付くわけではないナイーブな病気ですので、持続して病院に通うことが何よりも大切です。

女の人

恋人への接し方

うつ病は身近な病気といっても過言ではありません。大切なパートナーである彼氏や彼女もこの病気になる可能性もゼロではありません。もしパートナーがこの病気になったら、自分は理解者であることを分かってもらうことに専念しましょう。

気持ちの拠り所になります

先生

心と体から考える治療法

病気の原因が身体にある場合と、心に原因がある場合とで治療方法と使用する薬に違いがあります。そのためうつ病を患った時は、日常的な行動に影響がでている場合は心療内科を受診し、ストレスを感じている場合は精神科を受診してください。心療内科を受診した時は初めに血液や尿を含めた体内の分泌物の検査を行い、必要な治療方法を決定していきます。この場合ディスチミア型うつ病を発症しているケースが多く、他人に八つ当たりする事が多くなった方は医師に相談してください。特に女性は月経や妊娠の影響で、周囲環境にいら立ちを覚える事が多く、複合的なうつ病の原因が考えられます。肩こりや冷え症を発症する事例が多く、血液検査でも極端に数値が低いので、投薬治療と適切なマッサージを同時進行していく事になります。なので診療内科と内科が併設されている病院で、多目的な治療方法の受診を強くお勧めします。次に精神科についてですが、心に原因があるうつ病なので自分が相談しやすい医師に相談してください。ポピュラーな基準としては男女どちらの医師が相談しやすいかという点で、家庭内環境が影響するならば自分と同じ性別の医師への相談もお勧めです。基準を決めるために複数の精神科を受診して、一番相談しやすい病院を見つけるのも一つの方法なので、安心できる環境で治療を受けましょう。診断でメランコリー型のうつ病と診断された場合は、そのまま精神科の受診がお勧めなので具体的な治療計画を聞くのがお勧めです。また投薬を伴う治療は使用する薬品の効果や、使用目的を詳しく説明してもらえるだけで安心できます。同時に必要な予算を把握するために、投薬期間を提示してもらえる点も重要なので、投薬治療が始まる段階になったら聞いてみましょう。そして心療内科を受診する時も精神科を受診する時も、体や心に疾患がある事は確かなので、頻繁に通える場所を選択してください。メランコリー型うつ病の場合、医師が職場環境の分析をする必要がるため、仕事帰りの受診はリアルタイムな診察ができます。また家から近ければ容態に変化があった時に、悪化を防ぎ効率的なうつ病治療ができるので参考にしてください。メランコリー型うつ病の治療は、三環系抗うつ薬が使われる事が多く、これは睡眠を強く促す効果があります。よって服用時間によっては家にいられない時期もあるので、この点も合わせて家から近い場所の病院を強くお勧めします。生活に影響を及ぼしたくないという方は、四環系抗うつ薬の使用も考慮できるので、処方体制が整っている病院での受診がお勧めです。